インプラント 再生医療

CGF (PRF) / PRP : 自己血由来成分利用再生療法

CGF(PRF) / PRPは、採決された患者様の血液から作製される細胞加工物です。これらは増殖因子やサイトカインといった成分を含み、傷の治癒や骨および歯周組織の再生・回復を促し、止血や痛みの軽減、感染の予防に効果があるとされています。

当院では、「再生医療等安全確保法」の規定に基づき、特定細胞加工物の製造の届出を行っており、安全性にも十分配慮された環境で作製しております。

PRF(多血小板フィブリン)--br--血液を遠心分離器にて赤血球とPRFに分離します。
遠心分離終了後:黄色い部分がPRFです。--br--血小板濃縮技術により患者様の自己血中の成長因子を組織再生に利用します。

血小板とフィブリン

血液の中には、傷付いた組織を再生し、傷を治す成分、“血小板”と“フィブリノーゲン”が含まれています。けがをした時にはこのフィブリノーゲンが固まって水に溶けない“フィブリン”になり、かさぶたができて傷口を塞ぎ、治癒を促します。

患者様の血液を加工して、これらの成分を濃縮したりゲル状に固めたりしたものは、CGF(PRF)やPRP※と呼ばれ、歯科領域や整形外科・形成外科領域でも治療に用いられています。


CGF:Concentrated Growth Factors(自家血小板含有フィブリンゲル)
PRF:Platelet Rich Fibrin(多血小板フィブリン)
PRP:Platelet Rich Plasma(自家多血小板血漿)

CGF(PRF)/PRPを使用するメリット

組織の再生を促進

  • インプラントをするために骨が必要な場所に入れることで骨の再生を促します。
  • 手術部に入れることで歯肉などの組織の再生を促し、手術後の治癒を早めます。

痛みや腫れを抑える

  • 抜歯したあとなどに入れると痛みや腫れを抑えることができます。
  • 感染予防、止血作用があります。

安全性が高い

  • 患者様本人の血液から作製されるため、感染症やアレルギーの心配がありません。
  • 加工する際には外からの雑菌が入らないよう、安全性に配慮された環境で作業をします。

治療の流れ

  1. 採血
  2. CGF(PRF) / PRPの作製
    (無菌的に作製します)
  3. 手術

CGF(PRF) / PRP を用いた治療のための説明・同意書(pdf形式:287KB)

GTR / GBR : 組織誘導再生療法

メンブレンを用いたバリアーテクニックにより歯周組織再生を図ります。

ゴアテックスメンブレンやGCメンブレンを用いたバリアーテクニックにより、歯槽骨、セメント質、歯根膜組織が再生されることが認められており、歯周組織再生においては非常に有効な方法といえます。

ハイドロキシアパタイトファイバーによる骨誘導再生療法


骨の補填剤として広く認められたハイドロキシアパタイトの綿状物を有効利用します。バリアーテクニックによらず、欠損をHAファイバーで充たすことにより、手術の簡素化が図れたり、さらにはバリアーの立体的修正に利用することができるなど、適応は拡がります。