インプラント インプラント矯正

インプラント(矯正用ミニスクリュー)を固定源に利用した矯正治療を、「インプラント矯正」と総称します。ワイヤーだけの矯正に比べ、より積極的な歯の移動を行うことが可能になりました。

矯正用ミニスクリューインプラント

インプラント矯正の利点

  • ヘッドギアなどの顎外装置が要らないので患者様の負担が軽減
  • 治療期間の短縮が可能
  • 非抜歯治療の可能性が拡大
  • 従来の歯列矯正では困難とされたケースも、より精度の高い治療結果が期待できる

など、歯列矯正の可能性が大きく拡がります。

治療の流れ

小さなスクリューを歯ぐきを通して骨に入れ、これを固定源にして歯を動かします。

  1. スクリューの植立;麻酔の後、小さなスクリュー(長さ6〜10mm程度)を入れます。1本入れるのに、30秒から2分ほどかかります。
  2. スクリューの安定;スクリューが安定するのを待ちます。通常、1ヶ月程度です。
  3. 移動開始;スクリューを土台にして、ゴムやスプリングをかけて歯の移動を開始します。
  4. スクリューの除去;スクリュー除去の時期には個人差がありますが、通常半年~1年が目安です。スクリューを逆回しして外し、ほとんど痛みはありません。スクリューが入っていた穴は1日ですぐにふさがります。