インプラント 歯科用CT

当院の歯科用CT(RevoluX)について

当院では歯科用CT( RevoluX)を新規に導入しています。従来の歯科用CTでは、歯や顎の骨を立体的に細かく診断してきましたが、最新の歯科用CTでは、これまでできなかった骨の固さ(骨質)の診断も正確に行うことができるようになりました。

X線撮影(レントゲン)との違い 〜2次元と3次元の差〜

歯科用CTでは3次元の立体画像が得られるのに対し、X線(レントゲン)では2次元の平面画像しか得られません。
3次元画像を用いることにより、2次元画像では把握できなかった神経の位置、歯や顎の骨の詳細な立体構造などを高い精度で確認することができるようになり、より正確で適切な診断・治療が可能になりました。

X線(パノラマレントゲン)2次元(平面)画像のみ
歯科用CT3次元(立体)で把握

当院の歯科用CT(RevoluX)の特長

1.骨の硬さ(骨質)を把握

硬いあごの骨
軟らかいあごの骨

当院が導入した歯科用CT( RevoluX)は骨の硬さ(骨質)を正確に計測できるため、インプラント治療に特に有効です。

2.金属の影響を受けずに骨の状態を把握

従来のCT:金属の周りが黒くなってしまい映らない
当院のCT:金属の周りでも骨の状態を診断できる

金属はX線を通しにくいため、従来のCTでは口腔内の金属(歯の詰め物や冠)の影響で周りの骨の状態が把握できないことがありました。
当院では金属の影響を除去するプログラムにより、金属の周りでも骨の状態を診断することができます。

インプラント治療がより安全・確実に

photo08

インプラント治療はあごの骨の中にインプラントを埋める治療で、あごの骨がどういう形態になっているか?神経はどの位置にあるか?隣り合う歯との関係性はどうか?などを把握するために立体的に診ることが欠かせません。
そういった立体的な把握に加え、骨質(硬さ)もわかる当院の歯科用CTはインプラント治療に最適であるといえます。

低負担・低被爆

撮影時間は20秒程度で完了し、痛み等の負担はもちろん何もありません。また、当院の歯科用CTは、医科用CT装置の15分の1程度の低被ばくを実現しています。

歯科用CTその他の用途

photo14インプラント治療以外にもさまざまな用途に有効です。

  • 親知らずの抜歯
  • 根管治療
  • 顎関節症の治療
  • 歯周病治療

セファロ(矯正治療用頭部X線撮影)

当院のセファロはワイドなセンサーを搭載し、わずか0.9秒で頭部全体を撮影します。動きによるブレのないクリアな画像が撮影できる上、X線による被曝量も少ない装置です。