インプラント インプラント矯正

インプラントを固定源に利用した矯正治療を、「インプラント矯正」と総称します。より積極的な歯の移動を行うことが可能になりました。

オルソインプラント

口蓋正中に1本のインプラントを適用し、固定源とすることで矯正に役立てます。


1. オルソインプラント埋入前

2. 埋入直後

3. インプラントを固定源として矯正中

4. インプラント除去7日後
(2ヶ月目には埋入痕は完全に消失します)

オルソインプラントの利点

  • ヘッドギアなどの顎外装置が要らないので楽
  • 矯正期間の短縮
  • 従来の歯列矯正では困難とされたケースもスムーズに矯正治療を行うことができる
  • ミニスクリューインプラントでは複数使用を要する症例も、1本でコントロールできる可能性がある

など、歯列矯正の可能性が大きく拡がります。

矯正用ミニスクリューインプラント

小さなスクリューを歯ぐきを通して骨に入れ、これを固定源にして歯を動かします。

スクリューの植立:
麻酔の後、小さなスクリュー(長さ6〜8mm程度)を入れます。1本入れるのに、30秒から1分ほどかかります。
スクリューの安定:
スクリューが安定するのを待ちます。通常、1ヶ月程度です。
移動開始:
スクリューを土台にして、ゴムやスプリングをかけて歯の移動を開始します。
スクリューの除去:
矯正終了後、直ちにスクリューを除去します。スクリューを逆回しして外し、ほとんど痛みはありません。スクリューが入っていた穴は1日ですぐにふさがります。