よくあるご質問 冠(クラウン)・部分冠(インレー・アンレー・4/5冠)

インレーとかアンレーというのは何ですか?

インレーとは、歯のムシ歯治療のために切削した部分を埋めるために製作された詰め物のことです。また、同じようなものにアンレーがありますが、こちらは咬頭頂(奥歯のかみ合わせ部分)を一箇所以上含むものをいいます。また、歯全体を覆うものをクラウン、歯全体の4/5を覆うものを4/5冠といいます。クラウンを全部冠というのに対し、インレー、アンレー、4/5冠などを部分冠といいます。

詰め物(あるいはインレー)が取れてしまいました。もう一度付け直すことはできますか?

状態により付け直すことが可能な場合もあります。しかし、詰め物が取れる原因の多くは、虫歯等の原因によるものです。その場合は、虫歯等の原因を治療し、新たに詰め物を作成する必要があります。
保険でできる虫歯治療としては欠けた部分に金銀パラジウム合金でインレーを作成するか、あるいは小さい虫歯の場合はレジンを充填します。
自費診療の場合は、セラミックインレーやアンレーなどを作成することができます。

保険と自費の冠(クラウン)の違いは、材料だけですか?

保険でできる診療とは、保険制度が支払いの対象と認めた最も基本的な材料、治療方法のみが対象となります。
保険診療と自費診療の違いは材料だけにあるのではありません。自費診療の場合は、全体の咬合はもちろん今後の口腔環境の変化を見据えて、さまざまな角度から歯科医師と歯科技工士が高度な技術を駆使して設計・製作します。歯型を取る段階から材料・手法が異なり、そこに費やす作業手順も増加します。口腔状態の理想的な計画と設計、製作手法の違いが自費診療の特徴です。よって、自費診療においては、同じセラミックを使っても、歯科医師の診断力・技術力とそれを具現化する歯科技工士の職人技がなければ、費用は全くの無駄な投資となってしまいます。
また、患者様の価値観も機能に重点をおいた「とりあえず咬めればいい」から 「より良く咬め長持ちし」「見た目にも美しく」「アレルギーのない材料を」といった歯の審美性や全身の健康を求める方向へと変わりつつあります。

当院では、自費治療をご希望の患者様には、綿密な診療計画を立てたうえで見積額のご説明をいたします。そのうえで、何がご自身にとって最も優先されるべきか、どの治療を優先的に行うべきか、費用も時間も無駄にしないよう担当医と十分ご相談ください。

保険でも白い冠(クラウン)はできますか?

CAD/CAM冠が保険適用になりました。
上下の1番目から5番目の歯は、保険適用で白いかぶせもの(CAD/CAM冠)が選べます。上下6番の歯は、7番の歯が4本とも残っている場合に限り、保険適用でCAD/CAM冠を作成することができます。
なお、金属アレルギーの方は、上下6番・7番ともに保険適用でCAD/CAM冠が作成できます。

金属の詰め物がアレルギーの原因になると聞いたのですが、本当ですか?

皮膚や粘膜の病気の原因として、歯科治療で使用される金属に対するアレルギーが注目されています。
直接金属のあたる部分がかぶれるのはもちろんのこと、手足や全身にまで影響が及ぶ事もあります。
現在、金属アレルギー反応のない方でも、金属の入れ歯や詰め物などが、口の中に存在することで、金属アレルギーになってしまう可能性がないとは言い切れません。
セラミック等の金属を全く用いない治療方法等をご検討いただくのも選択肢の一つです。ご遠慮なくご相談ください。