よくあるご質問 歯科治療一般

普通の虫歯でも来院できますか?健康保険は使えますか?

はい、もちろん診療させていただきます。
健康保険も取り扱っております。また、保険の対象になる治療とならない治療の選択権は患者様にあります。ご不明な点は、お気軽にご相談ください。

自費診療とは何ですか?

健康保険が適応されない診療のことです。
歯科医療はさまざまな材料、技術、治療法から成り立ちます。その中で、保険制度が支払いの対象と認めた最も基本的な材料、治療方法のみが保険の対象となります。

上述1のとおり、保険の対象になる治療とならない治療の選択権は患者様にあります。当院では、自費治療をご希望の患者様には、綿密な診療計画を立てたうえで見積額のご説明をいたします。そのうえで、何がご自身にとって最も優先されるべきか、どの治療が最優先されるべきか、費用も時間も無駄にしないよう担当医と十分ご相談ください。

痛みが取れたため治療を中断してしまったのですが?

痛みが取れたことと治癒とは必ずしも一致しません。しっかりと最後まで治療を継続しないと、さらに病気を進行させる結果になってしまいます。
長期間放置してしまった場合、再受診しづらいお気持ちもあるでしょうが、少しでも早く受診するようにしてください。どの歯科医院も、患者様の治療途中のお口の状態を、いつも気にしているはずです。

親知らずは、抜いたほうが良いのでしょうか?

親知らずとは、第三大臼歯のことで、上下左右で合計4本あります。全く生えない人や全部揃っていない人も多数います。生えてきたときは、上下できちんと噛んで干渉していない場合のみほかの歯と同様に大切にしてください。
日常生活に支障がない場合でも、長期的には障害をもたらすことが多いので慎重に判断して残しておくかを決める必要があります。親知らずは磨きにくく歯垢がたまりやすいため、虫歯や歯周病になりやすいという点もあります。また、生え方の異常な親知らずも問題になります。そのような場合は、抜歯処置をお勧めします。

差し歯も虫歯になりますか?

セラミック、金属等の表面が虫歯になる事はありません。しかし、歯と歯茎の境目付近の歯根面から自分の歯と被せ物との間などが、虫歯になる事はあります。虫歯を予防するには境目、露出した歯根面に気を付けてブラッシングして頂くとともに定期的なオーラルケアが必要です。

衛生面は問題ないですか?

当院は、開院当初より院内感染の予防に努めています。歯科治療は外科的処置であり、十分な滅菌により清潔かつ安全に治療されなければなりません。ガス滅菌、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)、超音波洗浄器+化学薬品等の滅菌システムを完備し、清潔である事を第一に心がけて参りました。
また、注射針・麻酔カートリッジ・紙コップ、その他可能な限り、使い捨てのものを使用しております。詳しくは治療方針(感染予防の項目)をごらんください。